会員ページへ
全国土地家屋調査士政治連盟(以下「本連盟」という。)は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、以下の方針に基づき個人情報の保護に努めます。

1.個人情報の取得について
本連盟は、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

2.個人情報の利用について
(1) 本連盟は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。
(2) 本連盟は、個人情報を第三者との間で共同利用し、又は個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために適正な監督を行います。

3.個人情報の第三者提供について
本連盟は、法令に定める場合を除き、個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

4.個人情報の管理について
(1) 本連盟は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
(2) 本連盟は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピュータウイルス等に対する適正な情報セキュリティ対策を講じます。
(3) 本連盟は、個人情報を持ち出し外部へ送信する等により漏えいさせません。

5.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について
本連盟は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの要求がある場合には、異議なく速やかに対応します。なお、本連盟の個人情報の取扱いについて、ご意見又はご質問があるときは、本連盟事務局までご連絡願います。

6.組織・体制
(1) 本連盟は、個人情報保護管理者を置き、個人情報の適正な管理を実施します。
(2) 本連盟は、本連盟の従業者に対し個人情報の保護及び適正な管理方法についての教育等を行い、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。